◇いのちのお話(2月15日)◇

◇いのちのお話(2月15日)◇
今日の年長さんは、助産師の仲田さんをお迎えして、「いのちのお話」を聞いて、見て、体験しました。

助産師さんって、どんなお仕事だろう?
助産師さんは、赤ちゃんが一番最初に出会う人だよ。

「うまれてきてくれてありがとう。」の紙芝居を、ドキドキしたりニッコリしながら、聞いて、見ている子どもたちでした。

◇いのちのお話(2月15日)◇
いのちのもと・・・

「えっ? こんなに小さいの?」

「びっくり~」

◇いのちのお話(2月15日)◇

「あぁ!! きこえた!」 いのちの音。

仲田さんが言われたように、一人ひとりいのちの音が少しずつ違っていることに驚きました。



◇いのちのお話(2月15日)◇
最後に、赤ちゃんの抱っこのしかたを教えていただきました。

そ~っと、「かわいいな~。」
おもわず、にっこり♡ ほっこり♡

自分のいのちも大切に、お友だちのいのちも大切に、
心の残るメッセージ、体験のひと時でした。

❝いのちのもと❞の紙を大切に持ち帰った、年長さんでしたよ。
未就園児プログラム こひつじのへや 保護者の声 行事カレンダー スクールバスについて 米子聖二コラス教会のご案内
このページのトップへ