りょうぜんトピックス

りょうぜんトピックス

◇年長園外保育:米子市立図書館(11月7日)◇

◇年長園外保育:米子市立図書館(11月7日)◇
ぞうバッジ(年長)さんは、米子市立図書館にお出かけました。

普段は入れない移動図書館「つつじ号」の車庫へ。
この車、見たことはあっても、入ったことが無く、入れてもらい大喜び!!

たくさんの本があって驚きました。

「つつじ号」の運転手のお兄さんにも会いましたよ。
◇年長園外保育:米子市立図書館(11月7日)◇
おはなし会も開いてもらいました。

「おおきなかぶ」の絵本は、みんなも一緒に「うんとこしょ! どっこいしょ!」とかけ声をかけ、お話の世界の中へ!

「ぱっくん おおかみと きゅうりたち」の本は、興味津々でよく見て聞いて楽しみましたよ。

◇イチゴの苗植え(11月4日)◇

晴天の下、みんなでイチゴの苗植えをしました。

ぞうバッジ(年長)さんは、イチゴが実る頃には小学校1年生。
新しく良善の仲間になるお友だちに食べてもらえるようにと、思いを込めて植えました。

他のみんなも、来年の5月を楽しみに丁寧に植えましたよ。

美味しいイチゴにな~れ!!
◇イチゴの苗植え(11月4日)◇

◇第36回だんだんバザール(11月3日)◇

◇第36回だんだんバザール(11月3日)◇
心配した天気も、開会時刻には太陽も顔を出し、絶好のバザー日和となりました。

大勢の皆さんにご来場いただき、贈答品コーナー、母の会手作りお菓子・手作り品・リユース品コーナー、「くれよんのへや」お話会、父の会屋台など、各コーナーでお買い物や楽しい時間、美味しい食事を楽しんでいただきました。
◇第36回だんだんバザール(11月3日)◇
バザーの収益から、東アフリカの子どもを救う会(アルディナウペポ)国際飢餓対策機構、ライフリバー(バングラディッシュでの医療活動)、ドメスティック・バイオレンス被害者支援ネットワーク鳥取、鳥取県西部圏域聴覚障害者災害対策事業、広島豪雨土砂災害復興支援と東日本大震災復興支援の援助金など国内外の支援を必要としている団体へ寄付する予定です。
◇第36回だんだんバザール(11月3日)◇
皆様のご協力に心より感謝申し上げます。
◇第36回だんだんバザール(11月3日)◇

◇くまバッジ遠足(大山町仁王堂公園)◇

◇くまバッジ遠足(大山町仁王堂公園)◇
くまバッジ(年中)さんは、大山町の仁王堂公園にお出かけしてきました。

色んなアスレチック遊具があって、みんな“遊びた~い!!”の気持ちが爆発です。
◇くまバッジ遠足(大山町仁王堂公園)◇
運転手の足立先生と芝生広場で思いっきりかけっこもしましたよ。
◇くまバッジ遠足(大山町仁王堂公園)◇
広い芝生で食べるおにぎり弁当は、ほんとに美味しかったです。
◇くまバッジ遠足(大山町仁王堂公園)◇
食後は秋見つけ!!
落ち葉や椎の実をたくさん拾ってお土産に持ち帰りました。

用水路の中には、たくさんの落ち葉がありました。
中に入って、ふかふか、カサカサと葉っぱの音を楽しみながら歩きました。

◇開園記念日◇

◇開園記念日◇
今年で109回目の開園記念日を迎えました。

歴史と伝統をしっかり受け止め、先達のご苦労と情熱を心に留めながら本園の教育を更に充実させ、より良い保育・より確かな教育を目指し、力を尽くしたいと思います。
◇開園記念日◇
イエスは言われた。
「子供たちを来させなさい。わたしのところに来るのを妨げてはならない。天の国はこのような者たちのものである。」

私たちもイエスに習い、子どもを一人の人格として無条件に受け入れることをキリスト教保育の原点として日々の保育に臨みたいと思います。


◇開園記念日◇
子どもたちも「幼稚園のお誕生日をお祝いしよう!」と、廊下や遊戯室を飾る輪つなぎを力を合わせてつくりましたよ。
◇開園記念日◇
もくもくと作っていた輪つなぎでしたが、「つなげて長くして飾ろうよ。」というお友だちのアイデアを聞いて、どんどん長くなり、最後は、廊下の端から端まで届くほど長くなりました。

力を合わせるとこんなに長くなるんだ!!と皆で驚き喜びました。
未就園児プログラム こひつじのへや 保護者の声 行事カレンダー スクールバスについて 米子聖二コラス教会のご案内
このページのトップへ